眉毛 生やす 男

眉毛生やす時に注意すること

生まれつき眉毛薄い人や、眉毛の生え方がまばらな人は、まゆげ濃くしたいと思っていると思います。芸能人みたいなかっこいい太い眉毛になりたくて、眉マスカラやパウダーのような化粧品を使う人もいますね。

 

女優やモデルも眉毛次第で美人度が上がるし、男性も性格のしっかりした頼りがいのあるいい男に演出するのはキリっとした眉毛です。逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)の星野源(ほしのげん)さんのように、メガネでかっこよく見せることもできますね。

 

モテるには目元の印象はとても大切です。眉間が広すぎると間の抜けた顔になってしまうし、眉尻が薄くてボサボサだと老けて見えてモテません。眉密度が低いのも印象が薄くなってしまうし、短いのもかっこ悪いです。

 

眉頭は特に、端の毛が太いと外国人みたいに顔立ちがしっかり見えます。白人のように目と眉毛の間を狭くしようにも、彼らの半分の量しかなければ増毛するしかありません。「眉毛が生えないかなぁ」と思っている日本人男性は多いですよね。

 

お手入れ次第で自力で眉毛を増やすことができる 眉毛専用美容液 があります。毛生え薬ではないので、塗って1週間で眉毛が生えてくるというわけではありません。逆にそんなに効果があり過ぎたら副作用が怖いですよね。

 

自分に似合うまゆげにするために、眉毛生やす部分にだけ塗ります。いくら眉毛を増やしたくても、いらない部分にまで塗ると似合わない眉毛になってしまって逆効果だからです。小顔効果を出すために眉尻の先端は少し長い方が良いと思います。