眉毛 薄い 悩み

まばらな眉毛に悩む男性にやめて欲しいことは?

眉毛を触ったり抜いたりする癖があると、眉毛は確実に薄くなってきます。だいたいそういう癖というのは幼児期に無意識のうちにやってしまっていたというものが多いと思いますが、中学生や高校生になってもついやってしまうのが癖の怖いところですね。

 

眉毛の真ん中や内側を重点的に触ったりむしったりしてしまうと、見た目がとても変になります。まばらな眉毛は、少し頭が悪そうに見えてしまうというマイナス面もあります。性格がきつそうに見えないということがプラス面かもしれませんが、それでもまばらな眉毛は恥ずかしくて悩みのタネだという男性は多くいます。

 

思春期になれば、薄い眉毛は強烈なコンプレックスになってしまいます。中学、高校あたりまでは前髪で隠すこともできますが、大学に進学したら眉毛が隠れるほど長く厚い前髪の男性は逆に変な目立ち方をしますよね。眉毛 薄い 悩みは深刻です。

 

長い前髪で隠すのはやめて〜

もちろん、就職して社会人になっても眉毛を隠している男性は変です。前髪は垂らしていたとしても、まゆげが見えないほど分厚い前髪はやめましょう。そんなオタクっぽい怪しい風貌なら、まゆげが薄い方がマシなので気をつけたほうが良いと思います。

 

ペンシルでかくのもやめて〜

アイブロウペンシルで眉毛をかいている男の人もいますが、女性ウケは良くないです。だいたい、眉毛を整えすぎている男の人もウケが悪いのですから、アイブローペンシルで毎日まゆげをかいているなんていうのは女々しく感じてしまうのです。

 

男の人がまゆげをかいていたって、そんなこと気にしないという女の人もいるにはいます。でも、一般的にはひかれます。メンズコスメでスキンケアをする男性はいいのですが、毎朝眉毛を書くのって、結局化粧しているのと同じですからね。

 

美容液で薄眉対策がGOOD!

男性といえども、メンズコスメでのスキンケアはエチケットですね。ここがポイントだと思います。女子は、スキンケアの延長で 薄い眉毛対策 する男性には好感を持ちます。自眉を濃くしてコンプレックス解消するのは、ダイエットしてコンプレックス解消するのと同じだからです。